Blossom Co., Ltd.

Japanese
You are here: Home 会長ブログ

会長のゴルフインサイドストーリー

 
ガラパゴス化進行の日本のゴルフ(そしてサッカー、テニスも?) 印刷

2016-6-27

数十年前になるが在籍していた企業があるプロテニストーナメントのスポンサーをしていた。
大きな試合ではないので海外のスター選手はいなかったが、
多くの若い外国人選手が参加しており彼らは文字通りハングリーで、こちらで提供する食券(カレーライスが多かったが)を一枚でも多くほしがった。

続きを読む...
 
   
松山選手のチェリーピッキング 印刷

2016-6-17

松山選手のPGAツアー参加のペースは彼の選んだビッグイベントに限られ、本年の全米オープンまでの30試合のうち出場は14試合になる。このペースは功なり名を遂げ今年のライダーカップの副キャプテンを務めるステイーブ ストリカーなみである。

続きを読む...
 
   
日本選手の英語力 印刷

2016-4-15

先日アリゾナで松山選手がリック ファウラーと死闘の末優勝した。

このトーナメントはギャラリーが総計20万人をこえる人気のイベントとして知られているがスポンサー、ギャラリー、TV視聴者にとって優勝者の挨拶、インタビューも重要なフィナーレである。

続きを読む...
 
   
リオ オリンピックのゴルフの仕組み 印刷

2016-3-1

1904年以来1世紀以上の空白を経て2016年のリオデジャネイロにおけるオリンピックの種目にゴルフが加えられた。

この決定を推進するために2009年、国際オリンピック委員会でのプレゼンテーシヨンにはPGAの代表としてアイルランドのPハリントン、米国からミシェル ウイ、ノルウエイのSペターセン、イタリーのマナセラの各選手が参加し成果をあげた。

続きを読む...