Blossom Co., Ltd.

Japanese
You are here: Home 会長ブログ トランプのゴルフビジネス

トランプのゴルフビジネス

印刷

2016-2-25

現在進行中の米国大統領選挙での最大の穴馬はドナルド トランプであろう。

選挙運動スタート前のジャーナリズム、政界ではジョーク扱いされていたトランプの予想外の勢いは当の共和党の内部でも動揺が隠せない。

彼は他の候補者のごとく選挙に職業コンサルタントを雇わず、常識に反して農村部にもブランド物のスーツで現れる。

オバマ大統領は実はアフリカ生まれとか犯罪者の多いメキシコからの密入国を防ぐため国境に万里の長城を築く、あるいはイスラム信者すべてを入国禁止にするべきであるとか今までの大統領選挙では考えられない言動を繰り返しているが依然絶大たる人気を保持している。

彼は実業家としてトランプ インターナシナル(不動産、トランプ)、トランプ エンターテイメント(カジノ、ゴルフコース等)その他いくつかの自分の名を冠した企業を保有し、資産40億ドルをもつ世界的な富豪である。

そして現在のゴルフコース、付随ホテル、カントリークラブへの投資では世界最大と思われる。

主なコースはニューヨークの都心に近い富豪のみのカントリークラブからスコットランドのターン ベリー、新たに投資し建設中の北海に面するホテル、コースをはじめ9箇所に及ぶもっとも豪華なゴルフコースおよび付帯設備を有している。

ただ上記の言動により当初全英オープンを彼の所有するターンベリーでの2020年の開催を予定していたセントアンドリュース:英国ゴルフ協会はその取り消しを発表した。

また北海アバデイーンでは第一コースと壮麗なホテル、クラブハウスは完成の前には当初地元政府の猛烈な反対を乗り越えて完成したものの新たに北コースの建設に関しては地元の環境保護団体と壮烈な紛争となり建設を中断している。

地元の会社は海岸線に発電用の風車群の設立により、トランプのもくろむコースから望む海岸線の絶景をあきらめさせるというプランであるが、彼は経済性の見地からその発電計画は近い将来必ずポシャると予想しそれからあらてめて第2コースを建設すると述べている。
いずれにしてもいかなる障害もおそれずはねのけるドナルド トランプの執念は一貫しており大統領選挙にトライするとともにいつのまにかゴルフ界の王者として君臨するにいたった驚嘆するべき人物であることは間違いない事実であろう。