Blossom Co., Ltd.

Japanese
You are here: Home 会長ブログ Big Fourとなった松山選手

Big Fourとなった松山選手

印刷

2017-9-6

米国のスポーツジャーナリズムで本年のFedEx Play Offの優勝者の候補としてJordan Spieth、JustinThomas, Dustin Johnson,そして松山選手の4名があげられているがここで私同様、松山のPuttingに危惧感を持つ米国のベテランのゴルフ記者のサム グリーンワード氏の記事を紹介したいと思う。

PGA Championshipの土曜日のラウンドの前、私は松山選手の練習グリーンでの忍耐強いショートパットの繰り返しを感心してみていた。

”もう少しパットの勘が戻れば“と傍らのキャデイがつぶやいた。
松山選手のグリーンに至るまでのショットはなんら問題ない。ただグリーンに上がったとたんスケートを履いた象のようになる。

WCCブリッジストンの始まる前この25歳はストロークゲインパッテイングでは180位、これは驚くことなく先シーズンは103位、2014年は156位であった。
彼はいつも練習グリーンに最後まで残っている選手であり、ショートゲームの練習に日が暮れるまで没頭している。

数社のパターメーカーは様々なパターを彼に供給してきたが、結局Scotty Cameron GSSに戻ったようである。
にもかかわらずアクロンのWCCではTaylermade TP マレットを使って優勝、この時のストロークゲインパッテイングは15位であった。

さていよいよプレイオフ2試合を残して彼はなお5種類のパターを試しているようだ。

いずれにせよ現実アベレージ以下の彼のパッテイングをいかに他の上位選手のレベルに近づけるかが彼の命運を決するポイントであり、われわれの注目するところである。

パターをうまく操ることさえできれば彼はワールドランク2位以下に甘んじるプレイヤーではないはずだ。

 

3つのcategoryの現在の状況

World Golf Ranking    World Money List      FedEx Cup Points

1. D.Johnson             D. Johnson                  J. Spieth

2. J.Spieth       H. Matsuyama         J. Thomas

3. H. Matsuyama        J. Spieth                    D. Johnson 

4. R. Macllroy     J. Thomas                  H. Matsuyama

5. J. Rahm                 J. Rahm                     J. Rahm

6. J. Thomas      B. Koepka         R. Fowler

7. S. Garcia                R. Fowler         M. Lieshman

8. H. Stenson         K. Kisner                    P. Casey

9. J. Day                    B. Herman                 B. Keopka

10.R. Fowler                D. Berger                   P. Perez